イライラしてしまうあなたへ 結論:テレビ捨てましょう

ノマド

「理由はわからないけれど、モヤモヤする」
「仕事で疲れて帰ってきて、ボーッとSNSを見ていたら更に疲れた」
こんな経験はありませんか?
もしかしたらそのイライラや疲れ、「受動的な情報の取り入れ方」が原因かもしれません。

「受動的な情報の取り入れ方」ってなんぞや?
と思う方がほとんどでしょう、解説していきます。
これは「一方的に情報を押し付けてくるメディアを使うこと」で、テレビがその代表例です。
多くの人がこのようなことを思ったことがあるのではないでしょうか。

芸能人の誰が誰と付き合ってて、誰が誰と不倫してとか死ぬほどどうでもええわ

と。思ったことが無い人は僕とソリが合わないかもしれません、この記事を閉じましょう。(嘘です読んでくださいお願いします何でもしますから)
このように望んでもいない、どちらかというと、知った時にマイナスな気持ちになる情報を得てしまうことがストレスの原因の一つと僕は考えています。
テレビは基本、芸能人のスキャンダルとトンデモ科学と間違ったダイエット情報のオンパレードです(偏見)ので、僕は観ません。観てもイライラするだけだからです。
よくSNS等で「マスゴミ(この言葉、品が無いですよね 僕は死んでも使いません)が〜」とか「報道の偏りが〜」とか怒っている人をよく見ますが、あれは何に怒っているのでしょうか?
国のため、経済のためを思って怒ってらっしゃるならそれはもうご苦労様ですとしか言いようがありませんが
結局自分の欲しい情報が入ってこないから怒ってるんでしょ?
と、僕は思います。解決策は簡単です。
テレビは観ない、欲しい情報は自分で取りにいく。以上。
「自分で取りにいく」については後ほど解説します。

僕の場合ですが、テレビは捨てました。まだ買って2年とかだったけど
テレビを置くスペースがあるなら、僕は本を買います。
テレビを10年間見続けるより、1冊の良書を読むほうが人生には有益です。(これも偏見なのでしょうか)

続いて、SNSです。

まず、Instagramのオススメに出てくる謎の情報商材を売ろうとしている「若社長」みたいなマーケティングが下手すぎて見てるとイライラする人や、意味不明なダンスをする加工オバケたちは全員ブロックしています。
単純に見るだけ不毛です。まあ、そもそもInstagram自体あまりチェックしていないのですが。ストーリーとか見ても自己顕示欲の爆裂的な発散に加担させられるだけですし。

見るものはとにかく厳選する
僕は基本、フォローする人をかなり厳選しているのですが一つでも自分にとって嫌な情報・発言をする人はミュートします。
見ても僕に何の得も無いし、イライラするからです。
別に今後その人ともう仲良くしないとか、縁を切るというわけではありません。
話しかけられたら会話はしますし、リアルでも関わりのある人なら全然会います。
ただその人の発信しているものを見ないことにするだけなのです。
見ないほうが精神衛生上良いし、心穏やかに過ごせるからそうしているだけです。
僕ほど徹底するのは難しいかもしれませんが、試しに関わりが少なく、「この人の投稿を見るたびに何か違和感がある」という人はミュートして見るのもアリです。

「欲しい情報は自分で取りにいく」とは?

一方的な情報をブロックしたところで、自分の欲しい情報の手に入れ方です。
簡単で、ググるだけです。
「あのニュースはどうなったのかな」
「こんなことを知りたい」
ググれば解決します
どうでもいい芸能人のスキャンダルを脳死状態で観る10分間と
自分が知りたいことについて深く調べる10分間
どちらが有益でしょうか?答えは一目瞭然ですね。

そう、情報の入れ方を
「受動的」から「能動的」なものに変えるのです。

僕は基本的に気性が荒いです。喧嘩っ早いし、間違っていると思ったら言わずにはいられません。
決して穏やかなタイプではないのです。
今も、「ではない」が「では無い」と変換されてイラっとしました。笑
しかし、情報を取捨選択するクセを付けてからは、比較的穏やかに過ごせるようになりました。
「イライラしないようにする」ではなく「イライラするものを見ない」
これだけで僕の人生はかなり豊かになりました。
SNS疲れや、原因はわからないけれどイライラする人は、一度試してみてください。